bg
HOME » 

口臭の原因をブロックしてくれる人気のサプリ

最近では様々な口臭対策グッズが発売されており、その中の一つにサプリメントがあります。口コミなどを見ると、かなりの効果が期待出来るようですが、口臭対策サプリとはどのようなものなのでしょうか。口臭の原因から見ていきましょう。

口臭の原因は栄養の乱れ

口臭は、虫歯や歯槽膿漏などが原因の場合もありますが、「日頃の食生活に原因がある」場合もあります。特に最近では、食生活の欧米化や偏食の人が増えている事もあって、栄養不足が原因の口臭に悩んでいる人が多くなっているのです。

最近は野菜が食べられない大人も増えており、そうなると、口にするのは肉や卵、お菓子などが多くなるでしょう。それらの食品の多くは酸性の食品です。そして、酸性の食品は口臭の原因となるのです。酸性の食品を食べて口内が酸性になると、口臭の原因となる細菌が活性化します。それらの細菌は、酸性の環境が大好きなのです。

また、偏食によって栄養が不足すると体の抵抗力が落ちてしまいます。私たちの体は、健康な時は唾液の分泌も盛んで細菌の増殖を抑えてくれるのですが、体調が悪くなると唾液の分泌が減って口内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなります。このようにして、口臭が発生してしまうのです。

食生活から口臭の原因対策

栄養の乱れが口臭の原因になる事はお分かりいただけたでしょうか。栄養の乱れが口臭の原因となるということは、「食生活を改める事で口臭を改善することが出来る」、ということでもあります。口臭を改善するための食事とはどのようなものなのでしょうか。

  • 繊維質のものを食べる
    繊維質のものは歯ごたえがあり、噛む回数を増やす事に繋がります。咀嚼回数が増えると、唾液の分泌が促進されて細菌の繁殖を抑える事が出来ます。唾液は、食べカスを洗い流す、細菌の増殖を防ぐ、酸性の口内を中性に戻す、といった口臭に効果的な働きをたくさんしているのです。
  • アルカリ性食品を食べる
    口内が酸性になると細菌が増殖してしまいますが、反対にアルカリ性になると細菌は減少します。緑黄色野菜や海藻類、きのこなどのアルカリ性食品には、細菌の増殖を防いでくれる働きがあるのです。

病気が口臭の原因だったら、まず病院へ

自分だけでは対策が難しい口臭もあります。それは、病気が原因の口臭です。その場合は、「病気を治さないと口臭も改善されません。」病気が口臭の原因だったら、まず病院に行って病気を治す事に全力を傾けましょう。口臭から病気を発見できることもあります。口臭ごとに考えられる病気を挙げてみました。

  • 卵の腐ったような臭い
    卵や肉の腐ったような臭いがする場合は、気管支拡張症や肺結核、肺がんなどの呼吸器系の病気や、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの消化器系、扁桃炎、副鼻腔炎、咽頭がんなどの耳鼻咽喉系の病気が考えられます。
  • アンモニア臭
    アンモニア臭の口臭は、肝硬変や肝臓がんなどの肝機能障害、腎不全などの腎機能障害が考えられます。
  • そのほかの独特な臭い
    カンジタに感染すると、すえたような、焦げた臭いが、糖尿病ではリンゴが腐ったような甘酸っぱい臭いが、トリメチルアミン尿症では魚の腐ったような口臭がします。

口臭の原因に効くサプリ

口臭に効果的と謳っているサプリメントはたくさん発売されていますが、サプリを選ぶ際は、何に注目すればいいのでしょうか。

  • 自分の口臭の原因を知る
    口臭が発生する原因には様々なものがあります。口内環境の悪化や胃腸の疾患、肝臓や腎臓の病気など、色々な原因で口臭は発生するのです。その「原因に合ったサプリを選ばなければ意味がありません。」歯槽膿漏が原因の口臭に、胃腸の働きを改善してくれるサプリを飲んでも効果は期待できないのです。
  • 効果や成分を理解する
    サプリがどういう原理で口臭に効果を発揮し、そのためにどんな成分を使っているのか、しっかり把握して選びましょう。サプリの宣伝をしているホームページを見ても、その成分にそんな効果があるの?と思えるような怪しいものがたくさんあります。現在はインターネットで成分の効能なども簡単に調べられますから、お金を無駄にしないためにもしっかり効果や成分を理解して選ぶようにしましょう。
  • 副作用にも注意
    サプリメントは薬と比べると副作用の危険は少ないのですが、それでも副作用が起こる可能性はあります。中でも気を付けたいのが、「成分の過剰摂取」です。複数のサプリメントを飲んでいると、同じ成分が重複して入っている場合もあります。一種類だけだと問題がなくても、複数飲む事で過剰摂取になってしまう事もあるのです。また、アレルギーに影響する成分もありますから、注意が必要です。

口臭・ニンニク臭の原因

口臭の中で最もポピュラーなのがニンニク臭ではないでしょうか。ニンニクを食べると口臭がするのは、ニンニクの組織が傷つくと、ニンニクに含まれているアリインとアリナーゼが結合し、アリシンという物質に変わってあの臭いが発生するのです。

ニンニクの臭いは15時間程度消えないと言われています。「ニンニクの臭いを抑えるには、5分以上加熱してから食べる、ニンニク料理と一緒に牛乳や緑茶を飲む、食後にリンゴを食べる」、といった方法があります。臭いが気になる方は、一度試してみてください。