bg
HOME » 

口臭の原因は胃にあり!?自分で取れる対策

口臭が発生するのには様々な原因がありますが、一番多いのは歯槽膿漏や虫歯などの口腔内のトラブルを原因とするものです。しかし、口の中には何も問題がないのに口が臭い場合もあります。そんな時は、胃に原因があるのかもしれませんよ。

口臭の原因となりやすい食事

食事と口臭の間には、密接な関係があります。中でも、みなさんがすぐに思い浮かべるのは「それ自体の臭いが強い食べ物」でしょう。その代表とも言えるのがニンニクです。人と会う前の日はニンニクを食べない、という人も多いと思います。

ニンニクはそのままだとそれほど臭いはありませんが、切ったり潰したりすると、途端に臭いを放ち始めます。それは、ニンニクに含まれているアリインという成分がアナリーゼという酵素に反応し、アリシンという成分に変化するからです。そのアリシンがさらに体内で分解されると、アリルメチルスルフィドという強い臭い成分が発生します。これがニンニクを食べた後に起きる口臭です。

その他、カレーやラッキョウ、ニラ、キムチなども食べた直後から口臭の原因となる食べ物はたくさんありますが、これらは食べ物自体の臭いが原因ですから、口臭を避けるためには何を食べてはいけないか、分かりやすいでしょう。

口臭の原因が分かれば先回りできる

ニンニクやニラなど、これを食べると口臭がする、とよく知られているもの以外にも、口臭の原因だとは分かりにくいけれど口臭を引き起こしてしまう食事があります。それは、肉や卵、穀物、アルコールなどの「酸性のものや、糖分が多く含まれているもの」です。

酸性の食品を摂取すると、口の中も酸性になります。そして、口臭の原因となる口内細菌は、酸性の環境を好むのです。つまり、酸性の食品ばかり食べて口内が酸性化すると、細菌が活性化して口臭を発生することになります。また、糖分がたくさん入っている食べ物や飲み物は、口内細菌のエサとなり細菌を増殖させてしまいますから、口臭の原因になります。

これらのものは、それ自体にはそれほど臭いはありませんから、口臭と結びつけて考える事は少ないと思いますが、口内の細菌を増やしてしまう食べ物だという事を知っていれば、先回りして食べないように出来るでしょう。

口臭の原因への対策

食事が原因の口臭なら、対策は簡単です。それを食べないようにすればいいのです。そして、口臭の原因になりにくいアルカリ性の食品や和食を中心とした食生活に変えていきましょう。ですが、口臭の原因になる食べ物を食べてもいない、歯医者さんに行っても特に異常はない、それなのに口臭がする、という場合は「胃の不調」を疑ってみましょう。

例えば、胃炎や胃潰瘍などは口臭を伴う場合があります。それらは主にピロリ菌が原因で起こる病気なのです。胃が原因となる口臭の多くは、ピロリ菌の除菌や食生活の改善によって対策をする事が出来ます。口臭の原因が分からない時は、消化器内科を受診してみるのも一つの方法です。

病気が原因の口臭も…

先ほど申し上げましたとおり、胃の病気が口臭の原因となっている場合もあります。口臭の原因となる病気について、ご説明しましょう。

  • 慢性胃炎
    食生活の乱れやストレスなどを原因として、胃炎の状態がずっと続くものを「慢性胃炎」と言います。慢性胃炎は症状がなかなか現れないので、気づきにくい病気です。胸やけがしたり、酸っぱいげっぷが出たり、食後にみぞおちがもたれる感じ、鈍痛、食欲不振などがその症状ですが、なかなか病気だとは思えないでしょう。
    慢性胃炎が口臭を引き起こす理由は二つあります。一つは舌苔の増加や唾液の減少といった口内環境の悪化、もう一つは消化不良です。消化不良になると食べ物が胃に停滞して異常発酵し、そこで発生した臭い物質が腸から吸収されて血液に乗り、肺から呼気として排泄されて口臭となるのです。慢性胃炎の口臭は、卵の腐ったような臭いになります。
  • 胃潰瘍
    胃炎がさらに進行して胃の粘膜の荒れがひどくなると、「胃潰瘍」になってしまいます。胃炎と胃潰瘍の違いは、胃壁のどこまで炎症が進んでいるか、という事なのです。ですからその症状は、胃炎の症状がさらにひどくなったものと考えていいでしょう。
    胃潰瘍による口臭も、慢性胃炎と同じように卵の腐ったような臭いですが、ピロリ菌が原因の場合は、ピロリ菌がアンモニアのバリアによって胃酸から身を守っているので、アンモニア臭の口臭がする場合があります。口臭で病気を発見することもあるのです。

サプリで口臭の原因をやっつける

口臭が気になる人が増えれば、その対策グッズもたくさん発売されます。口臭対策サプリもその一つです。サプリメントは飲むものですから、口の中の菌には効果がありません。胃腸に届いてからの働きが、口臭に効果を発揮するのです。その働きとは、「胃腸の環境を改善する事」です。

胃腸の調子が悪いと、臭いガスが発生し、それが血液を通じて肺に達し、呼吸に混じって口臭となります。反対に、胃腸が元気だと唾液もたくさん出て口臭を予防する事が出来るのです。胃が原因の口臭が気になる人は、サプリメントを試してみてもいいでしょう。